flow

Microsoft Flow Sharepointのリストをhtmlメールで送信する。

更新日:

sharepointのリストから条件を指定してデータを抽出し、テーブル形式でHTMLメールを送信するflowを作成します。

取得するリスト

元データは下記リストの3件です。

Code/Script

トリガーの指定

スケジュールトリガーを使います。
実行間隔等はサンプルなので適当です。

リストの取得

対象のshapointサイトとリストを指定します。
サンプルは、フィルタクエリを指定して「ID=1 or ID=3」のデータを取得しています。

取得する項目の選択

「データ操作」アクションの「選択」を選び、取得したい項目をマップで指定します。
インプットには、前ステップで取得したデータ(value)を指定しています。

HTMLテーブルの作成

同じく「データ操作」アクションの「HTMLのテーブル形式」を選び、HTMLテーブル形式のデータを作成します。
インプットには、前ステップの出力結果を指定します。

HTMLメールを送信する。

本文に、前ステップの出力結果を指定します。
見た目を整えるために、styleタグで罫線等を指定します。
「HTML=はい」の指定を忘れないでください。(指定を忘れるとテキストメールになってしまいます)

styleタグのcode

本文のstyleタグのコードです。

<style>
    table{
      margin: 5px 10px;
      border-collapse: collapse;
      border-spacing: 0;
    }
    th, td{
      border: 1px solid #818181;
      font-size: 0.9em;
      padding: 5px 10px;
    }
    th{
      background: #00cc6b;
    }
</style>

メール送信

styleが適用された結果が送信されました。

まとめ

同じMicrosoft製品のため、flowとsharepointの連携は相性良いですね。
sharepointリストの抽出条件も、もっと複雑に指定できそうなので、
定型的にリマインドメール送信したりする業務の効率化に使えそうです。







-flow
-

Copyright© Tech Log , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.