other teams

Microsoft Teams Markdownの書き方

更新日:

teamsは、一部markdownに対応していますので紹介します。
MicroSoftのサイトに記載されていない記法も使えます。

Teamsで使えるMarkdown

太字(Bold text)

アスタリスで囲みます。

書き方: *太字*

表示

斜体(Italic text)

アンダースコアで囲みます。

書き方: _斜体_

表示

打ち消し線(Strikethrough)

チルダで囲みます。

書き方: ~打ち消し線~

表示

番号リスト(Numbered list)

「1 + . + 半角スペース」で開始します。
改行すると番号は自動で振られます。
改行時に番号を付番したくない場合は、「Shift + Enter」で改行します。
太字・斜体・取り消し線との組み合わせも可能です。

書き方: 1. テスト文字列

表示

黒点リスト(Unordered list)

「ハイフン + 半角スペース」で開始します。
その他は、番号リストと同じです。

書き方: – テスト文字列

表示

ヘッダー(Header)

シャープ2つで開始します。
h1表示になります。
h2以降の記載方法は未対応?のようです。

書き方: ##テスト文字列

表示

ハイパーリンク(Hyperlink)

[文字列](URL)です。

書き方: [google](https://www.google.co.jp/)

表示

コードブロック(一行)(Inline block of code)

バッククォートで囲みます。

書き方: `テスト文字列`

表示

コードブロック(複数行)(Multi-line code block)

バッククォート3つで開始します。

書き方: “`テスト文字列

表示

引用

>で開始します。
2重引用は未対応?のようです。

書き方: > テスト文字列

表示

まとめ

使える記法が少ないですが、効率化のために出来るだけ使っていこうと思います。







-other, teams
-

Copyright© Tech Log , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.